今の生活にピッタリの車、でも未来は違うかも

元々免許を取ったのが周りより少し遅かったため、車に対して色々と思い入れはありました。
最初の車は親が選んだスズキのMRワゴンの中古車でした。
免許とりたての下手な私には軽自動車がサイズ的にもピッタリでしたし、当時MRワゴンに乗ってる人は周りにそんなにいなかったので被らなくて良かったのです。
3年ほどたって、MRワゴンに飽き始めたので自分で近所の中古車屋に出向きました。
大きめの四駆に憧れてたのですが、維持を考えると無理かなと思っていた時に出会ったのがスズキのエスクードでした。
かなり古い型でしたが、それがすごく魅力的で即購入を決めました。
4年ほど経ち、結婚したのを機にまた車の買い換えを考えるようになりました。
家族が増えても使いやすく、燃費が良くて、コンパクトサイズという条件で色々と検討しトヨタのポルテに決まりました。最大の決め手はスライドドアでした。
子供ができるとスライドドアがすごく役立つと聞いていたのでポルテに決まりました。
シエンタとも迷いましたが、見た目もお値段的にもポルテの方が可愛いかったのでポルテにしました。
今子供が産まれて、ポルテにして本当に良かったと思っています。
中は意外に広々していて高さもしっかりありますし、燃費も良く、子供を乗せたり降ろすのもラクだし、子供が大きくなってからは簡単に1人で乗り降りできます。
子供が1人、2人のうちはポルテで本当に良かったと思いますがもしも子供が3人になったらもっと大きな車にしなくてはいけません。
年月と共に、車に求めるものが全然違ってくるのだなと強く感じています。

ガソリンスタンド店員が思うこと

私は今、ガソリンスタンドで働いています。来店される方の車を見ていると十分なメンテナンスがされていない車を見かけます。そこでここでは車のメンテナンスについて書いていこうと思います。何かの参考なればと思います。
まずは一番大事なタイヤからです。タイヤはできれば1か月に一回は空気圧を点検をしてください。もし、難しい場合は2カ月に一回でもいいです。空気圧が低いと燃費が悪くなってしまいます。空気圧の点検をしてほしい一番の理由はパンクしていないかの確認です。パンクは乗っている人はほとんど気づきません。私もスタンドで数十台のパンクを見つけてきましたがどの運転主の人も気づかなかったと言っていました。先日私もパンクしていた車に乗っていたのですが乗っている時は気づきませんでした。降りてタイヤを見て気づきました。なので空気圧の点検が大事なのです。空気圧を見て一本だけタイヤの空気圧が少なければ何かあると気づくことができますからね。
次はエンジンオイルです。カーディーラーで買った際にメンテナンスパックなどに入っている、または初めからオイルだけをカーディーラーで買っている人は定期的にカーディーラーで交換してもらえばいいと思います。そうではない人も基本的には6カ月に1回か5000キロに一回の交換をすると安全に乗ることができます。エンジンオイルを交換しないと起きるトラブルはまずは燃費の悪化、エンジン音がうるさくなる、そして、最悪の場合エンジンが熱くなりすぎるオーバーヒートが起きてしまいます。エンジンオイルはエンジンの中で様々な役割を果たしています。その中にエンジンの冷却があり、エンジンオイルを交換せずに量が減ってしまうとオーバーヒートが起きる場合があります。なので定期的にカーショップやガソリンスタンド等で交換するようにしましょう。私が今、働いている店なら15分程度で交換ができるので恐らく他の店でもあまり変わらない時間で交換できると思います。
これ以外にも車を安全に乗るには日々、点検、交換が必要なパーツが多くあります。交換しないと自分だけでなく、他の関係ない人まで巻き込んだ事故につながることもあるのでぜひ、車のメンテナンスを心掛けてもらえるといいと思います。

愛車はやがて恋人になる

私が今乗っている車は、中古車で、しかも10年近く乗っています。付き合いの年数が一番長い車です。前の車が故障が目立つようになり、買い替えを考えて中古車センターに行った時、一目惚れして買いました。中古車の中で選ぶという制限の中、色も形も私の理想通りの車で、購入するならこの車しか考えられませんでした。色が華やかで珍しく、一番目を引いたので間もなく買いましたが、その時はまさかここまで長く乗ることになるとは思いもよりませんでした。私は、比較的長距離を運転することが多いです。往復1時間の距離を走ることはザラ。だから、この車との付き合いもとても密になったわけです。そして、思い出がいっぱいの車です。行った先々で楽しいことや悲しいこと悔しいこともいっぱい。そのたびに、ニヤけたり泣いたり怒ったり、色んな気持ちでハンドルを握り続けました。そして、それは今でも続いています。最近、「この関係って、恋人みたいじゃない?」と思うようになりました。愛車…今の私にとっては、そんな存在です。長く付きあって思い出をたくさん作った日々の積み重ねがあると、何かしら特別な思いが湧いて育っていくのは、人間の恋人と同じだと思います。車は、いつかは乗れなくなって、いつかは買い替えるものだと思いますが、この車は、あまりにも思い出が多すぎます。簡単には手放せなくなってきています。だから、1日でも長く乗れるように、毎日大切に運転するようになりました。基本的には、急ブレーキや急加速をしないように運転しています。車への負担を少しでも減らしたいからです。それから、定期的なメンテナンスも大切に考えています。もうあと少しだけ、この車と一緒に思い出を作ってみたいです。