ガソリンスタンド店員が思うこと

私は今、ガソリンスタンドで働いています。来店される方の車を見ていると十分なメンテナンスがされていない車を見かけます。そこでここでは車のメンテナンスについて書いていこうと思います。何かの参考なればと思います。
まずは一番大事なタイヤからです。タイヤはできれば1か月に一回は空気圧を点検をしてください。もし、難しい場合は2カ月に一回でもいいです。空気圧が低いと燃費が悪くなってしまいます。空気圧の点検をしてほしい一番の理由はパンクしていないかの確認です。パンクは乗っている人はほとんど気づきません。私もスタンドで数十台のパンクを見つけてきましたがどの運転主の人も気づかなかったと言っていました。先日私もパンクしていた車に乗っていたのですが乗っている時は気づきませんでした。降りてタイヤを見て気づきました。なので空気圧の点検が大事なのです。空気圧を見て一本だけタイヤの空気圧が少なければ何かあると気づくことができますからね。
次はエンジンオイルです。カーディーラーで買った際にメンテナンスパックなどに入っている、または初めからオイルだけをカーディーラーで買っている人は定期的にカーディーラーで交換してもらえばいいと思います。そうではない人も基本的には6カ月に1回か5000キロに一回の交換をすると安全に乗ることができます。エンジンオイルを交換しないと起きるトラブルはまずは燃費の悪化、エンジン音がうるさくなる、そして、最悪の場合エンジンが熱くなりすぎるオーバーヒートが起きてしまいます。エンジンオイルはエンジンの中で様々な役割を果たしています。その中にエンジンの冷却があり、エンジンオイルを交換せずに量が減ってしまうとオーバーヒートが起きる場合があります。なので定期的にカーショップやガソリンスタンド等で交換するようにしましょう。私が今、働いている店なら15分程度で交換ができるので恐らく他の店でもあまり変わらない時間で交換できると思います。
これ以外にも車を安全に乗るには日々、点検、交換が必要なパーツが多くあります。交換しないと自分だけでなく、他の関係ない人まで巻き込んだ事故につながることもあるのでぜひ、車のメンテナンスを心掛けてもらえるといいと思います。